MEET IOST

2022年6月22日、IOST Foundationは、ロンドンに拠点を置くWeb3ニュースプラットフォームのBlockchainReporterと提携したことを発表します。

BlockchainReporterは世界中の読者を持ち、毎月何十万ものビューを積み重ねています。暗号とブロックチェーンのニュースサイトは、正確さと徹底した事実確認、客観性、勤勉さに導かれた信頼できるニュースを配信するために、厳格なジャーナリズムの実践を遵守しています。

彼らは世界50カ国以上から集まる1万人以上の読者に、業界の最新かつ最も重要な動向を積極的に伝えることで、私たちは長年にわたり、その実力とコミットメントを証明し続けてきました。

この提携はBlockchainReporterはIOSTのキュレーションコンテンツを積極的に提供し、スマートコントラクトプラットフォームが世界のオーディエンスに届くようなパイプ役を担います。同時に、プロジェクトのチームリーダーへのインタビューに独占的にアクセスし、開発の最新情報などを入手することができます。

IOSTとのパートナーシップは、BlockchainReporterが数十億ドル規模の暗号領域におけるニュースイベントや注目のプロジェクトを長年にわたり一貫して質の高い報道を行ってきたことが相応に評価されたものです。プロジェクトのソリューションおよびアセットクラスとしての暗号通貨の採用を早めることに貢献します。

BlockchainReporter について

2018年に設立されたBlockchainReporterは、Fintech、暗号通貨、ブロックチェーン技術に関する教育や情報提供を行うよう努めています。世界各地にライターとエディターを擁する独立したニュースアウトレットです。

Website | Twitter | Facebook | Telegram |

--

--

筆者:Yuya Sugano

2022年6月11日(土)に米国テキサス州フォートワース市のパンサーアイランドパビリオン会場で開催される「カウボーイカップ相撲オープン大会」でYokozuna Financeがイベントスポンサーとして参加します。

このイベントではアメリカ中部標準時間の午後12時から午後4時まで、いくつかの体重階級別による男女のアマチュア相撲の試合が行われます。このイベントはダラス相撲クラブのYouTubeサイトでもライブストリーミングされる予定です。

Yokozuna Financeは今年、Play-to-Earn NFT(非代替トークン)のプロとアマチュアの相撲をベースにしたゲームを公開しました。これは、Yokozuna Financeの参加者がNFTのリワードを所有しステーキングすることで、今回スポンサーとなった「相撲トーナメント」のような実際の相撲大会などのイニシアチブをサポートするため、そして相撲ファンを楽しませることを目的としています。

相撲は純粋な日本のスポーツであると考えられていますが、国際的に広がってます。国際相撲連盟のウェブサイトは、数千のクラブに加えて、84カ国以上に相撲協会または連盟があることを説明しています。ダラス相撲クラブ(DSC)は、国際相撲連盟と米国相撲連盟によって認められたテキサスを拠点とする5つのアマチュア相撲クラブのうちの1つです。 2021年に親方である「Corey Morrison」氏によって設立されたDSCは、初心者から上級者まで、週に2回無料で練習することができます。

Yokozuna Financeとそのユーザがカウボーイカップ相撲オープンを後援し、公式パートナーとしてダラス相撲クラブに参加することを決定したことに興奮しています」とモリソン氏は述べています。「アマチュア相撲は世界的に成長しており、テキサスは北米でその成長の最前線にいます。私たちはこれに興奮しており、最初のイベントは特に参加者、観客、パートナーからそのような認識を受けています。」

Yokozuna Financeは、Big SUMO Fan、Tachiai.org、Grand Sumo Breakdown Sumo Kaboom、Sumo Mainichiと共に、ダラス相撲クラブが主催する最初のイベントをサポートしていきます。

--

--

2022年6月9日、IOSTは、Web2toWeb3ブリッジの DeNetとの戦略的パートナーシップを発表します。 今回の提携により、DeNetはIOSTプラットフォームを導入し、そのサービスをIOSTのエコシステムに統合することで、IOSTのDappsやサービスとのエンゲージメントを高めることを目指します。また、IOSTの各種プロジェクトは、DeNetのソリューションを通じてマーケティング活動を展開し、IOSTのパブリックチェーンの影響力を向上させることができます。IOSTはDeNetと協力し、IOSTのオンチェーンアプリケーションをWeb3.0に効率的に統合し、マーケティング・ソリューションを活用することで、より多くのユーザーをWeb3.0に引きつけるように努めていきます。 Web3.0の重要性 Web3.0はデジタルネットワークの発展を象徴しています。Web3.0は、インターネットの革新と発展の次の段階として、独立性、自由、分散型コラボレーションを特徴とする新しい経験をもたらします。より効率的な生産と組織を市場にもたらし、生活、仕事、教育など多くの分野でユーザーのさまざまなニーズを満たします。パブリックチェーンは、Web3.0経済システムの中核インフラとして、資金、人材、アプリケーションを分散的にWeb3.0に流入させることに貢献することができます。

IOST、DeNetと提携〜Web3開発を促進しユーザーインセンティブを再定義する
IOST、DeNetと提携〜Web3開発を促進しユーザーインセンティブを再定義する

2022年6月9日、IOSTは、Web2toWeb3ブリッジの DeNetとの戦略的パートナーシップを発表します。

今回の提携により、DeNetはIOSTプラットフォームを導入し、そのサービスをIOSTのエコシステムに統合することで、IOSTのDappsやサービスとのエンゲージメントを高めることを目指します。また、IOSTの各種プロジェクトは、DeNetのソリューションを通じてマーケティング活動を展開し、IOSTのパブリックチェーンの影響力を向上させることができます。IOSTはDeNetと協力し、IOSTのオンチェーンアプリケーションをWeb3.0に効率的に統合し、マーケティング・ソリューションを活用することで、より多くのユーザーをWeb3.0に引きつけるように努めていきます。

Web3.0の重要性

Web3.0はデジタルネットワークの発展を象徴しています。Web3.0は、インターネットの革新と発展の次の段階として、独立性、自由、分散型コラボレーションを特徴とする新しい経験をもたらします。より効率的な生産と組織を市場にもたらし、生活、仕事、教育など多くの分野でユーザーのさまざまなニーズを満たします。パブリックチェーンは、Web3.0経済システムの中核インフラとして、資金、人材、アプリケーションを分散的にWeb3.0に流入させることに貢献することができます。

DeNetは、バウンティ型システムとスマートコントラクト型報酬メカニズムを組み合わせ、ユーザー増加、広告、ユーザーインセンティブといったニーズを再定義し解決します。DeNetのすべてのユーザーは、Web3.0のエコシステムの構築に参加し、対応する報酬を得ることができます。ブロックチェーン技術の助けを借りて、DeNetは広告主、ユーザー、コンテンツ制作者の間に革新的な形の関係をもたらし、従来のソーシャル大手がWeb3.0サービスへとより良く変貌するのを助けるでしょう。

DeNetについて

DeNetは、Web2.0からWeb3.0への進化と、Web2.0プロダクトの限界を超えるための橋渡しをするWeb3企業です。DeNetのマーケティングツールは、TwitterやDiscordのマーケティングで実績を持っています。

https://denet.me

--

--

パブリック・チェーン・エコシステムの重要な基盤インフラとして、メインネットの性能はその発展を決定づけます。メインネットの立ち上げ以来、IOST開発チームは革新的な姿勢を維持し、継続的なアップデートと最適化をリリースしてきました。そして、Olympusのバージョン3.8.1をリリースします。

なお、Olympus v3.8.1は互換性のないアップグレードであり、すべてのノードオペレータは2022年6月10日までにアップグレードを完了する必要があります。

変更履歴

  • libp2pモジュールの改良
  • secioに加え、tlsとnoiseのサポートを追加
  • mplexに加え、yamuxのサポートを追加
  • ノード再起動後のp2pネットワーク参加までの時間を大幅に改善

注意事項

  • 次回のアップデートでは、セキオのサポートを削除する予定です
  • すべてのノードが2022年6月10日までにアップグレードを完了すること。さもなければ、今後数週間のうちにネットワーク接続が利用できなくなるまで悪化する可能性があります。
  • このバージョンについての詳細はこちら

アップグレードの方法は?

IOSTの開発者向けドキュメントに掲載されている手順に従ってください。アップグレード完了後、以下のコマンドでハッシュとバージョンを確認することができます:

  • docker exec -it iserver iwallet state | grep -E “codeVersion|gitHash” です。
    結果は以下のようになるはずです。
  • “gitHash”。“cea7b29b3800ed2c81ef5b25669a321794368c67”,
  • “codeVersion”: “3.8.1”,

--

--

筆者:Yuya Sugano

非代替トークン(NFT)市場は、昨年のフィンテッの領域で最も急成長した分野の1つです。いくらかの有名なアーティストやインフルエンサー、また関連プロジェクトが2021年で中心的な役割を果たし、その道を切り開くことで500億ドル以上の売り上げを記録しました

NFTの領域は確かに盛り上がりましたが、多くのプロジェクト・参加者は想像を絶するほど多くのコピープロジェクトを公開しました。コレクティブルを生み出すための「希望」だけを持った、ユースケースに欠けるただのjpeg画像を販売していることを正しく示唆する批評家もいました。

「希望は戦略ではない」と認識していたYokozunaファイナンスチームは、土俵上の新しい子供から、GameFiスペースの主要なDeFiNFTプラットフォームへとすばやく移行しました。ゲーム市場はすでに数十億ドル規模の業界であり、今後10年間で飛躍的に成長すると予想されているため、機能的で、あるNFTがこの分野に参入し、とどまることに驚きはないでしょう。

本日、app.yokozuna.fiNFTオークションマーケットプレイスが導入されました。Yokozuna Financeの革新的なPlay-to-Earn(プレイトゥアーン)NFTモデルは、参加者に「機能的NFT」(ファンクショナルNFT)を使用してゲームプレイを収益化する機会を提供するという新たな一歩を踏み出しました。

このプロジェクトは、プロやアマチュアの相撲に大まかに基づいており、ユニークなゲーム化(GameFi)されたDeFiエクスペリエンスを通じてユーザーを教育し、楽しませることを目的としています。ユーザはNFTをステーキングすることで報酬を獲得するだけでなく、DAOを管理する権限を保有します。Yokozuna Financeチームは相撲イニシアチブに資金を提供する提案が、実際にスポーツに対する世界的な認識を高めるために役立つものとなることを望んでいます。

プロジェクトにまだ慣れていない方にとっては、これはまだ早い段階で、ユーザはプロジェクトのネイティブトークンである$ZUNAしか獲得できない状態でした($ZUNAは合計で1億ZUNAの供給です)。チームは、残りのトークンの年間供給20%1日あたり約42,000 ZUNAとなり、流通量が約2,700万であるという持続可能なデフレーションの性質をもったトークノミクスを設計しました。流通量、ZUNA価格、またバーンされたトークン、放出されたトークンはDApp(app.yokozuna.fi)のダッシュボードから簡単に確認することができます。

本日の発表は、「ユースケース」と「トークン消費」がプロジェクトに導入される$ZUNAの開発の次章の幕あけとなります。Yokozuna Finance NFTシステムはただのコレクティブルよりも多くの機能を備えており、IOSTの超高速で拡張性の高いブロックチェーンは、機能的NFTとDeFiのゲーミフィケーションのリーダーになることを目指すようなゲームプロジェクトに最適です。

--

--

SigmaはIOST Web3の革新的な開発を支援

Sigmaは、イーサリアムユーザーにIOST Web3エコシステムを導入する大規模なキャンペーンを開催し、Web3の革新と開発のための新しい空間 — IOST Web3エコシステムを促進するために、イーサリアムIOSTアカウントのアクティブアドレスに無料でエアドロップを行います。このエアドロップは、イーサリアムネットワーク上で少なくとも1つのトランザクションがあるすべてのアドレスが対象となります。Sigmaの予想によると、今回のエアドロップの規模は5,000万Ethereumアドレスを超えるという。

今回のエアドロップは、SigmaがイーサリアムとIOSTのエコシステムの統合をさらに推進し、IOST上でのWeb3の革新的な開発を後押しするための一歩です。Sigmaは、IOSTブロックチェーンネットワークにおけるWeb3の新たな可能性と価値を探求し、より広範で多様な次世代ネットワークに向けたIOSTのWeb3.0構築を推進します。

エアドロップを請求するには?シンプルな手順

  • Sigmaの認証プログラムを通じてIOSTのアカウント名を取得する
  • 一致するイーサリアムアドレスの秘密鍵を使って、IOSTの分散型ウォレットiWalletにインポートする
  • Sigmaチームから与えれた無料のIOSTアカウントを有効化する

注意事項

このエアドロップは長期的なイベントであり、徐々に開始する予定です。
IOSTメインネットアカウントの作成には、10 IOSTトークンが必要です。Sigmaは、5000万以上のイーサリアムアクティブアドレスのIOSTメインネットアカウントを順次作成し、合計約5億IOSTを燃焼させる予定です。
なお、本イベントの進行状況は、Sigma公式テレグラムチャンネルおよびTwitterをフォローしてください。

シグマ、IOSTのWeb3構築パートナーに

IOSTはこの四半期、Web3のコア技術の研究開発とアプリケーションの着地シナリオの立案に深く関わり、Web3構築を推進してきました。ユーザーが負担するオンチェーン手数料は限りなくゼロに近いメカニズムは、ユーザーがDeFi、GameFi、Web3 dappsなどをよりスムーズに体験することができます。

--

--

筆者:Yuya Sugano

Yokozuna Financeは、IOSTを活用したDeFiプロトコルとして、IOSTエコシステムの重要なDAppと考えています。相撲という日本のスポーツに着想を得たYokozuna Financeは、特定の預け入れを行う資格を満たすユーザに無料の相撲NFTをエアドロップすることを発表致します。

またDAppユーザだけでなくTwitterのフォロワーやソーシャルメディアプラットフォームであるTelegramからランダムに抽出したフォロワーも対象となります。対象となるユーザは日本時間 2022年5月10日午後23時59分の時点でのスナップショットをベースに決定いたします。

Yokozuna Financeの$ZUNAトークンは総合計1億の固定サプライとして、デフレトークン分配モデルを持っています。プロトコルはブロックチェーン・クリプト業界での経験豊富なグローバルチームと、テクノロジー、金融、スポーツ、エンターテインメント、メディアにおける専門知識を持つアドバイザリーボードによって開発・展開されています。Yokozuna Financeは世界中の熱心で非伝統的なファンに相撲のスポーツを振興し、IOSTユーザーを楽しませることを目的として開発されました。

DApp上で資格のあるNFT保有者は、プロジェクトプラットフォーム上のトランザクションによって資金提供されるYokozuna Finance DAO(現在10万米ドル相当)を所有および管理する権利を得ます。最終的に、このDAOの所有者は、分配を受け取ることによってDAOの成功に参加するだけでなく、スポーツを世界的に成長させるために設計されたプラットフォームとグローバル相撲イニシアチブをサポートするための投票に参加できるようになります。

ラーニングベースの収益獲得とゲーミフィケーションの機能を備えた革新的なNFTプラットフォームは、第2四半期後半にローンチの予定を大幅に短縮して5月末までに開始予定です。 NFTプラットフォームは、$ ZUNAで購入されるスロットオークションで、さまざまな特性や属性を異にする相撲をテーマにしたNFTを取得することができます。これは既に他のPlay2Earnのプラットフォームで採用されているデザインです。 Yokozuna Financeのゲーミフィケーションは、PushPowerと呼ばれるYokozuna Finance独自のメトリックを導入することで実現されます。ユーザーは自身のマルチ相撲レスラー部屋 “Heya”(Sumosのチーム、相撲部屋のこと)を形成することができます。”Heya” 相撲部屋は、横綱DAOファンドに対してNFTをステークするために使用され、これによってチームのPushPowerとDAO全体のステークによるPushPowerに基づくDAOのガバナンスや配布など、さまざまなメリットを享受できるようになります。

Yokozuna Financeはその中核にこれまでのIOSTネットワークでは見られなかった数多くの魅力的な機能を持ち、比類のないユーザエクスペリエンスを提供します。優れた開発チームはすでに、ダブルマイニング、自動マーケットメーカー(AMM)、革新的なDAOファンド、ボールトとガバナンス、ネイティブトークンである$ZUNAの革新的なトークノミクスなどによる堅牢なプラットフォームを導入しました。

2022年の将来のロードマップでは、ユーザが相撲NFTおよび関連アイテムを取得、購入、販売してユーザのAPYを向上するなど、パフォーマンスを向上させることができるセカンダリマーケットプレイスを導入する予定です。 また開発チームは、メタバースの統合を容易にするための開発を含む、長期的なビジョンを備えたプラットフォームを設計しました。

Yokozuna Financeチームは、ドバイを拠点とするHooExchangeでの上場を含む、ロードマップからマイルストーンを達成しています。

5月10日 相撲NFTエアドロップの参加方法:

資格:

  • app.yokozuna.fi上の27days+3または87days+3のIOSTのみのボールトで 1,000 IOST 以上をステークしている。
  • app.yokozuna.fi上の30日または90日のZUNAのみのボールトで 1,000 ZUNA 以上をステークしている。
  • 10人のランダムな Twitterフォロワー(リンクは以下)
  • 10人のランダムな Telegramグループ参加者(リンクは以下)

スナップショット取得日付:

日本時間2022年5月10日午後23時59分

条件:

  • IOSTアカウントあたり1つの無料相撲NFTを配布
  • 配布は5月末に予定されている横綱ファイナンスエコシステムの立ち上げと同時を予定
  • Yokozuna Financeチームに最終的決定権がある

--

--

ステーブルコインは、暗号資産のエコシステムにおいて重要な役割を担っています。暗号通貨を交換媒体として開放するだけでなく、市場の変動時に不換通貨に切り替えることなく資産を保管できる安全な選択肢を投資家に提供します。

暗号市場の重要なアセットクラスとして、ステーブルコインも最近目覚ましい成長を遂げています。アルゴリズム・ステーブルコインの分野における多くのパイオニア の中で、UST はアルゴリズム・ステーブルコインの主流と見なすことができます。アルゴリズム・ステーブルコインの成功には、以下の3つの要素がりあます:

  • インフレとデフレによる安定した希少性;
  • 双方向のアービトラージ・デザイン(経済的搾取);
  • ステーブルコインのボラティリティを吸収するためのセカンダリートークンを用いたモデル。

アルゴリズム・ステーブルコインは真に有望と見られていますが、安定性やユーザーへの長期的な付加価値という点では、まだ多くの課題を抱えています。

--

--

2022年5月4日、IOSTは分散型台帳によって保護されたトップミュージシャン(グラミー賞受賞アーティスト)のための持続可能な音楽知的財産のNFTエコシステムの構築に取り組むパイオニアの一つである、Label財団との戦略的パートナーシップを発表します。

非代替性トークン(NFT)の世界は、芸術作品、ゲームアイテム、仮想不動産、収集品にとどまらず、音楽NFTも含めて広がっています。ミュージシャンや音楽プロデューサーは、自分のアートや音楽のデジタル版を販売することで、大きな収益を期待できます。NFT音楽知的財産の場合、ブロックチェーン技術に格納された希少なNFT市場の領域に属します。NFT音楽知的財産は通常、ミュージシャンの収益の大部分を占める仲介者を排除し、クリエーターに収益化の有利な機会を提供します。

LABELには、韓国で200名以上のプロフェッショナルなインストラクターと世界主要7カ国25名のトップアーティストを抱える音楽教育企業として知られるCLESSON & OPENTRACKが参加します。

IOSTのCMO Blake Jeongのコメント:「IOSTにエコシステムを拡大することで、Label FoundationはIOSTネットワークの高速で安全、そしてリーズナブルなガス料金の恩恵を受けることができます。IOST財団は、Label Foundationを介した音楽NFTやトップアーティストとのコラボレーションに、付加価値と前向きな展望を見出します。IOSTとLABELチームは、音楽プロデューサーは、集中型ストリーミングアプリや従来のレーベルを通したトップミュージシャンよりも、分散型プラットフォームでかなり多くの収入を得ることができると考えています。」

LabelのCSO Hyungsoon Choiのコメント:「IOSTと戦略的パートナーシップを締結できることを大変うれしく思います。IOSTはアジア、特に韓国、中国、日本、タイで認知度の高いプロジェクトであり、IOSTのエコシステムやLabelとの連携による相乗効果を期待しています。」

LABELがNFTのインフラを展開する準備が整えば、何千もの音楽プロデューサーや知的財産権の所有者は、仲介者のいない新しい時代のレーベルのビジネスモデルに参加することが期待されます。

レーベル財団について

LABELは、ブロックチェーンを活用した、NFT、著作権料のシェアリングプラットフォームインキュベーションシステムを導入し、投資・流通・プロモーションの各プロセスを支援することで、高い障壁を打破することを目的としています。

--

--

免責事項:Meshswapは、サードパーティの開発者によって開発されました。ここで提供される情報は、いかなる投資アドバイスも構成するものではありません。ここで提供されるすべてのコンテンツは、教育のみを目的としています。IOSTは、ユーザーが経験する可能性のあるいかなる損失に対しても、一切の責任または義務を負いません。ご質問は直接サービス提供者ご連絡ください。

2022年4月29日、IOSTはPolygonネットワーク上に構築されたAMMベースの分散型交換プロトコルであるMeshswapとの提携を発表致します。IOSTはMeshswapの最新の流動性資産として追加され、IOST-ペアファーミングプールはコミュニティのために、高いイールドファーミング、そしてドロップ、エコポット、トランザクション手数料報酬などの追加インセンティブを楽しむことができるようになります。

このパートナーシップにより、IOSTコミュニティがイールドファーミング、トークンのスワップ、流動性の提供、Meshswap DeFiプロトコルの民主的意思決定システムによる統治力の獲得などの分散型経済的な活動に積極的に関与する新しい機会が開かれることになります。

IOSTのCMOであるBlake Jeongのコメント:「私たちはMeshSwapと提携できることを大変うれしく思っています。MeshSwapチームは、Klaytn、BSC、Hecoなどの様々なチェーンですでに成功を収めている優れたチームです。この提携により、IOSTコミュニティのメンバーは、Mesh Tokenだけでなく、IOSTが提供する追加報酬を求めることができるようになります。IOSTのエコシステムをサポートするコミュニティメンバーに、より多くのメリットとリターンを提供するために努力を続けます。」

2022年3月25日、IOSTはIOSTとPolygonメインネット間の安定した資産移動をサポートするため、PolygonとEthereum間の信頼できるクロスチェーン・トランザクション・チャネルであるPolygon Bridgeと統合されました。Meshswap DeFiプロトコルを介してIOSTユーザーをPolygonエコシステムに接続することで、大きな流動性パイプラインを構築します。

Meshswapでは、MESH(Meshswapにおけるガバナンストークン)の報酬は、主要アセット(ETH、MATIC、USDTなど)の流動性プロバイダーに与えられます。そして、IOSTはETHやUSDTと同様にMeshswapのメジャーアセットの1つとなり、IOST保有者は他のメジャーアセットとペアリングすることでMESHインフレ報酬をマイニングすることが可能になります。そして、新プラットフォームの3つの特徴、少量の流動性提供で大きなステーク、MESHが公正なローンチケースであることによる報酬トークン(MESH)の価値の高さ、初期段階での活発なトラザクション、これらが高い利回り(APR)につながるとのことです。

--

--

MEET IOST

MEET IOST

IOST プラットフォーム開発者コミュニティ。MEET IOSTコミュニティでネットワークノードを管理、エコシステムから生まれる 報酬をコミュニティ活動とDAppプロジェクトのスタートトリガーとして活用する。