香港Web3エコシステム|DBXと提携、DIDサービスの統合開発を推進

--

IOSTはブロックチェーンDIDを基盤としたWeb3ソーシャルプラットフォームを展開するDBX Globalとの公式戦略パートナーシップを発表します。本協業はブロックチェーン上のDID関連プロダクトとサービスの統合開発を共同で推進することを目的としています。今後、両者は、オンチェーンエコシステムの拡大、ユーザー活動の組織化、コミュニティ運営など、様々な側面から包括的な協力を行なっていきます。

Web3 DIDのアプリケーションは、業界内ではまだ初期段階であり、一部のチームはアプリケーションを構築していますが、ユーザーの参加コストが高く、技術的な枠組みが断片的であるなどの課題が残っています。DIDは、Web3の分散型デジタルIDと公開鍵基盤(PKI)のコアコンポーネントとして、グローバルネットワークのセキュリティとデータプライバシー保護に大きく影響します。

さらに、SocialFiの領域では、最も顕著なサブカテゴリの1つとなっています。DBX Globalとの協力は、参入障壁が低く、優れたユーザビリティと信頼性の高いセキュリティを備えた、安定した、拡張性の高い、安全なWeb3ソーシャルプラットフォームを確立することです。

DID — Web3の中核となるデジタル・インフラストラクチャ

分散型アイデンティティ(DID)は、Web2の「ユーザープロファイル」という概念をWeb3の領域にマッピングし拡張する、Web3における極めて重要なコンポーネントです。 DIDは、ユーザー(個人、組織、コミュニティ)が参加してWeb3を共創するための基礎的な要素の一つとして機能し、詐欺や海賊版など、Web3の現場で直面するさまざまな現実的な問題に対処します。DIDは、Web3の構築と強化のために世界的に重視されている中核的なデジタルインフラとして機能します。 DIDは、データと情報の所有権とガバナンスのための新しいソリューションを提供し、ユーザーにデジタルアイデンティティの正当な所有権を付与します。

DBX Globalについて

DBX Globalは、ブロックチェーンベースのDIDをベースに構築されたWeb3ソーシャルプラットフォームで、社会情報の真偽や不正環境のガバナンスに関する課題を解決することを目的としています。オンチェーンチャット、DAOツールのオープンプラットフォーム、多次元ソーシャルグラフなどの機能を含む、分散型ソーシャル機能とサービスをWeb3コミュニティに提供することを目的としています。

現在、DBX Globalは、ABCDE Capital、Bitrise Capital、TokenPocketが主導する200万ドルのシード資金調達ラウンドを終えています。

--

--

MEET IOST

IOST プラットフォーム開発者コミュニティ。

More from MEET IOST